詰め物をしたガチョウ – フライドチキンより本格的にクリスマス

日本ではクリスマスと言うとフライドチキンが定番ですが、アメリカでは七面鳥。ヨーロッパではガチョウなども食されます。中でもガチョウは日本で手に入りづらく、肉よりもフォアグラの方が知られています。そんなガチョウのクリスマスの調理の方法がこちらです。味や大きさは変わりますが、もちろん七面鳥や鴨などで代用することができます。

材料:

ガチョウのロースト:

  • オレンジ 2個
  • りんご 2個
  • 玉ねぎ 4個
  • ドライクランベリー 200 g
  • タイム 大さじ2
  • ガチョウ 1羽 鴨、鶏、七面鳥などでも
  • 塩 大さじ3
  • 胡椒 小さじ1
  • ベジタブルストック 600 ml

芽キャベツのロースト:

  • 芽キャベツ 400 g
  • ベーコン 100 g
  • はちみつ 大さじ3
  • タイム 小さじ1
  • ローズマリー 小さじ1
  • 塩 小さじ1/2
  • にんにく 1片
  • バルサミコ酢 30 ml
  • オリーブオイル 大さじ3

サイド:

  • じゃがいも 800 g
  • バター 60 g
  • パセリ 大さじ2

作り方:

  1. オレンジの皮と白い部分を取り、りんごは皮のついたまま、玉ねぎは皮を向いてからサイコロ切りにします。これらにドライクランベリーとタイムを混ぜます。
  2. 大きめのグラタン皿にガチョウを載せフルーツと玉ねぎのミックスを詰め込みます。塩胡椒を振りかけてから擦り込み、キャセロールにベジタブルストックを入れます。180度のオーブン(コンベックモード)で3時間焼きます。
  3. オーブンの天板に芽キャベツを半分に切ったものとベーコンの角切りを載せます。小さなボウルにはちみつ、タイム、ローズマリー、塩、細かく刻んだにんにく、バルサミコ酢を入れて混ぜ、芽キャベツの上にかけます。オリーブオイルを振りかけて軽く混ぜてから、180度のオーブン(コンベックモード)で10分焼きます。ガチョウが出来上がる10分前にオーブンに入れると同時に焼きあげることができます。
  4. ジャガイモを茹でてバターと細かく刻んだパセリを絡ませてサイドを作ります。

ほんのり苦味のある旬の芽キャベツがよく合います。カリッとした皮のガチョウと共に楽しんでください。

コメント

おすすめの記事