しっかりと浸すローストのレシピ【ソースがやばい!】

日本人の食事の中で不足しがちなカルシウムですが、牛乳が濃縮されたチーズは効果的に不足を補ってくれます。白カビチーズのなかでも人気のあるカマンベールでとろり濃厚なソースを作り、ロースの塊を丸ごと焼いたローストにかけて楽しみます。

材料:

  • 豚肩ロース 1.5 kg
  • カマンベールチーズ 150 g
  • 生クリーム 200 g
  • ベシャメルソース 200 g
  • 水 250 ml
  • マッシュルーム 500 g
  • 胡椒
  • 青ねぎ

作り方:

  1. ロースの塊に塩胡椒をしてフライパンで表面に軽く焼き目をつけ、200℃のオーブン(コンベックモード)で2時間半焼きます。
  2. マッシュルームをスライスしてフライパンで炒めます。
  3. カマンベールチーズの上部をスライスし、スプーンなどで中身をくり抜いて鍋に入れます。生クリーム、ベシャメルソース、水を加えてから弱火で加熱し、泡立て器を使ってかき混ぜながら温めます。しっかり溶けたら塩胡椒で味を調整します。
  4. 焼けたロースを1センチ厚に切り分け、耐熱容器の上に載せます。その上にカマンベールチーズソースと炒めたマッシュルームを載せ、175℃のオーブン(コンベックモード)で35分焼きます。
  5. 皿に取り分け細かく切った青ねぎを振りかけて完成です。

カマンベールチーズはそのまま室温に戻してワインのお供として食べたり、オーブンで焼いて楽しむ方法は知られています。このソースにして楽しむ方法はローストポーク以外にも合うので色々試してください。

コメント

おすすめの記事