ロールキャベツ – 材料が日本人にもぴったりのポーランド風

ロールキャベツは日本には明治時代に紹介され、洋食屋さんや家庭の食卓で楽しまれてきました。今回紹介するのはお米の入るポーランドのロールキャベツです。本来はインディカ米と少し厚めのキャベツを使いますが、日本のお米やキャベツを使っても作れます。お米が主食の日本人にぴったりです。

材料:

ソース:

  • トマトソース 400 ml
  • 野菜だし 100 ml
  • バルサミコ酢 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2
  • シナモン 小さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • 胡椒 ひとつまみ

ロールキャベツ:

  • キャベツ 1個
  • ひき肉 500 g
  • 卵 2個
  • 米 120 g
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく 2片
  • パセリ 25 g
  • 塩 ひとつまみ
  • 胡椒 ひとつまみ

作り方:

  1. ソースの材料をボウルに入れて混ぜます。キャセロールの底が隠れるくらいの量のソースを入れます。
  2. 塩を入れた水にキャベツを入れて10分煮ます。柔らかくなった外側の葉を取り、再び茹でます。ロールキャベツに必要な分が取れるまで繰り返します。剥がした葉は水に入れてそれ以上調理されないようにします。葉の硬い部分を切り取ります。
  3. ボウルにひき肉、卵、米、みじん切りにした玉ねぎ、にんにく、パセリ、塩胡椒を混ぜてフィリングを作ります。食べやすいロールキャベツの大きさに俵型の団子を作ります。
  4. 肉団子をキャベツの葉の真ん中に載せ、左右から閉じ、下から葉先に向けて巻きます。
  5. ロールキャベツをキャセロールに入れ、ソースをロールキャベツの上に大さじ1ずつかけます。
  6. 160度(コンベックモード)のオーブンで45分焼いて出来上がりです。

バルサミコ酢の入った豪華版のソースです。寒い冬もこの温かいロールキャベツを食べて乗り越えましょう!

コメント

おすすめの記事