ドイツ風農夫の朝食パン

ジャガイモの国ドイツでは有名な料理があります。ジャガイモをベーコン、チーズなどと炒め卵で閉じたものでバウアーンフリューシュトゥック(農夫の朝食)と呼ばれます。それをカルツォーネのようにピザ生地に包んでみました。

材料:

  • ベーコン 6枚
  • ピザ生地 1枚
  • 茹でたジャガイモ 300 g
  •  モッツァレラチーズ 80 g
  • チェダーチーズ 80 g
  • 青ねぎ 50 g
  • 卵 3個
  • 塩胡椒

作り方:

  1. ベーコンの両面を焼き、広げたピザ生地の上に載せます。
  2. 茹でたポテトをスライスし両方のチーズと刻んだ青ネギとともにベーコンの上に載せます。
  3. 卵2個を茹でてから四当分し、生地の片側に並べて塩胡椒を振ります。
  4. 卵の側から生地を巻き、端の生地は押し付けてくっつけます。
  5. 溶いた卵を塗り、180度のオーブンで40分焼いて出来上がりです。

これを朝御飯として食べたら、それこそ一日中農作業を続けられそうですね!

コメント

おすすめの記事