ヨーロッパのクリスマスの定番!まるごとリンゴを使ったベイクド・アップルタルト

ヨーロッパのクリスマスの定番のスイーツには、りんごやシナモンを使ったものがたくさんあります。今回はまるごとりんごをふんだんに使ったタルトです。

材料:

生地:

  • 小麦粉 300 g
  • バター 200 g
  • 卵 1個

フィリング:

  • サワークリーム 400 g
  • 卵 2個
  • 卵黄 1個分
  • 砂糖 40 g
  • レモンの皮
  • アマレット 50 ml
  • プディングパウダー 1袋 もしくは40gのスターチとバニラ適量

焼きりんご:

  • 粉砂糖 150 g
  • アーモンドパウダー 200 g
  • アマレット 50 ml
  • りんご 7個 小ぶりのもの
  • シナモンスティック 4本
  • アーモンドパウダー 適量

作り方:

  1. 小麦粉、柔らかくしたバター、卵を混ぜ、捏ねて生地にしてから1時間冷蔵庫で寝かします。パイの容器に均一に伸ばしてフォークで穴をたくさん開け、175度(コンベックモード)のオーブンで20分焼きます。
  2. ボウルにサワークリーム、卵、卵黄、砂糖、レモンの皮、アマレットを入れて混ぜ、その後にプディングパウダーを加えてさらによくかき混ぜます。パイの容器に注ぎます。
  3. 焼きりんご用のマジパンを作ります。粉砂糖、アーモンドパウダー、アマレットを混ぜて捏ねます。時間をかけて均一に一つの塊になるまで捏ねます。固すぎる場合はアマレットを少量加えて調整しますが、ベトベトになりやすいので気をつけましょう。
  4. りんごの芯を抜き、皮むき器でりんごの皮をスパイラル状に剥きます。そこの部分をスライスして、りんごが安定するようにします。
  5. マジパンをりんごに詰め、半分に折ったシナモンスティックをさします。シナモンスティックがない場合にはシナモンパウダーをふりかけるだけでも大丈夫です。1つのりんごを容器の真ん中に置き、他を等間隔に並べます。170度(コンベックモード)のオーブンで50分焼いて出来上がりです。

アツアツのままでも、冷蔵庫で冷やしても美味しくいただけます。クリームやアイスを添えて出すとさらにヨーロッパ感が増します。

コメント

おすすめの記事